2016年12月 2日 (金)

3つの不具合に迅速な対応

 実際に住んでて感じている事は、ハウスメーカー選びで最も大切なのはアフターサービスではないかと。当たり前だが、家というのは建ててるより住んでるときの方が長くなる。その分だけ重要というわけだ。

 入居後半年で3つの不具合が生じたが、いずれも迅速に対処していただいたので満足している。

 不具合1) お風呂のガス給湯器リモコンの液晶表示が上半分消えて文字が読めなくなった。→即交換。
 Sp1020681

 不具合2) ソフトクローズドアがぴっちりと閉まらず隙間が空いてしまう。→一度調整したがうまくできず、二度目にメーカーからマニュアルを取り寄せ再調整で修繕。
 Spb100050

 不具合3) 屋根の樋(とい)の間から雨水がもる。→接着不良があったようで再接着。
 Sp1020684_2

 どれもたいした問題ではなかったけど、連絡してから対応までが素早かった。

 建築中は、サイディングの釘打ちがどうとか、グラスウールの断熱性はどうかとか、高気密高断熱云々など気にしていたが、実際住んでみてたいした問題ではなかった。家はだんだんと劣化し気密性や断熱性はどんどん悪くなる。それをきちんと維持管理していくことの方が大切だ。

 家は多くのパーツの組み合わせで出来ているため、アフターサービスは多方面にわたる。今回も、ガス設備、ドア(内装)、樋(外装)と対応業者は異なる。建築中や完成後すぐには分からない不具合が、住んでから色々と出てくるものだ。気軽に声をかけ、素早い対応ができるよう、近くに代理店のあるメーカーが便利だ。

 アフターサービスには新しく担当者が決まったが、最初に出会った営業マンとの付き合いは今でも続いており、なにか不具合があったときはアフターサービス担当ではなく、営業マンに連絡してしまう。設計からの付き合いで気が知れてるからだ。

 トヨタホームのアフターサービスは今のところ満足している。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年11月25日 (金)

僕のブログがパクリされた!

 ネットサーフィンしてたら、僕のこのブログをパクリして書いてるサイトを見つけた。当然リンクや参照元の記載はなし。

 値引き方法を教えるという触れ込みのサイトで、内容はたいしたものでなく、大手ハウスメーカーの一括資料請求サイトに飛ぶ広告があり、アフィリエイトで儲けようという魂胆サイトのようだ。

 トヨタホームとメリットとデメリットの記事は、ほぼ僕のブログの焼き直し。
 パクリサイトの記事
 21
 31

 僕の元記事
 Y01
 ーーーーーーーーーーーーーー

 さらに、この記事からも
 Y41
 Y51
 ーーーーーーーーーーーーーー

 さも自分で家を建てたような経験談を書いているが、実際の間取りや写真はなく、僕のブログを参考に書き直したようで、内容は浅いうえに間違いが随所にある。

 トヨタホームのウエブサイトからも多くの写真を引用しており、無断パクリでしょう。

 スマートエアーズの記事もほぼ僕のブログ引用
 パクリサイト
 51_2

 僕の元記事の追加
 Y2
 ーーーーーーーーーーーーーー

 世にはパクリライターという業種がある。自分では何の取材もせず、他人のブログやサイト記事を参考に書き直すのが仕事だ。ライターとして最低の恥ずべき人種である。

 パクリサイトにはスマートエアーズをサービスでつけてもらったとあるが、実際に建てた家を見せてもらいたいものだ。住んでからの感想もなし。

 屋根と外壁の記事もほぼそそのまま盗用
 パクリサイト
 71
 61

 僕の元記事
 Y3
 ーーーーーーーーーーーーーー

 検索機能が進んだ今のインターネット界では、このようなサイトはすぐばれて社会的制裁を受けることが多いのだが、つぶれてはまた雨後のタケノコの様につぎつぎと出てくるのが現状だ。

 このサイトのパクリライターは、似たようなサイトをセキスイハイムや大和ハウスでも作っているみたいだ。記事の内容はどれもほぼ同じで、一般的に言われていることばかりで、目新しい値引き方法が書かれているわけではない。僕は自身のサイトで一切値引き方法を書いていないので参考に出来ないのでしょう。

 僕もある程度値引きしてもらったが、その方法はブログで書けるような内容ではない。それは、各々家々の契約内容や建築内容によって変わってくるからだ。

 ブログの内容がパクられることは、僕の記事はそれだけ有用な参考になるもので、いちブロガーとして認められた気持ちはあるけれど、気持ちのいい物ではない。一刻も早くこのサイトの僕のブログのパクリ部分の削除を望む。

 11/30追記; そのサイトの広告元に連絡し、御社のアフィリエイターが著作権違法のパクリ記事を書いている件を伝えたところ、該当アフィリエイトのアカウント停止など迅速に対応していただき、その問題のページは削除され、一件落着となりました。詳しくはコメントを参照ください。

 

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年11月20日 (日)

全館空調を導入する時考えた事

 今年(H28)4月から、トヨタホームの全館空調スマートエアーズのある家に住すんでます。全館空調を導入するときに考えたことや、住んでからの感想を、導入検討してる人の参考になればと綴る。
 Sairs_03
 (トヨタホームのカタログから)

1) 設置場所
 全館空調の室内機は思いのほか場所をとる。しかも家の中央に設置するのが効率的なので、間取りに与える影響が大きい。屋根裏や床下に置ければ良いのだけれど、配管や空気循環などの都合で室内に置かざるをえない場合は、半畳ほどのスペースが必要になる。スマートエアーズは一階は室内だが、二階は屋根裏に設置する。我が家の一階では階段下に置いた。階段下でもスケルトン階段は無理で、ボックス階段で可能になる。セキスイハイムの全館空調快適エアリーは一階部分は床下に設置し、床下空間全体を空調するいわゆる床下エアコン型という点に特徴がある。一階と二階を一台の室内機でまかなうタイプは一階二階間にパイプスペースが必要となり、結構太いパイプでこのスペース設置場所にも頭を悩ませることになる。

2) トイレと浴室の空調
 全館空調にすれば家中同じ温度になりヒートショックが防げるという広告を見ることがあるが、これは誇大広告である。まず、浴室に吹き出し口の設置は不可能で、真冬は冷えるため個別煖房などの対策が必要になる。トイレに吹き出し口を設けると、トイレの空気が室内に流出するおそれがあるため、設置しない場合が多い。我が家のトイレにも吹き出し口はない。このためトイレも冬は少し寒い。浴室やトイレは換気扇によってできる陰圧で室内空気を流入させることによって空調するが、これだけで室内と同じ温度にするのは不十分だ。ただ、トイレの計画換気がきちんと出来てる場合はトイレに吹き出し口を設ける事もあるようだ。

3) 換気システム
 全館空調は高気密住宅に導入されてこそ能力が発揮でき、エアコン空調は部屋内の空気を循環させるだけで換気システムはついていない。このため、全館空調は熱交換機能のついた第一種換気システムとあわせて導入されることになる。この換気システムは、全館空調に組み込まれている物と、別システムで導入する場合の二通りがある。スマートエアーズは、ピュア24セントラルという全く別系統の熱交換型第一種換気システムと合わせることになっている。春秋の季節の良い時期は空調を完全に止めて、換気だけを稼働させることができるため、ぼくは空調と換気は別システムの方が良いと思う。

4) 予備システム
 機械は壊れる。全館空調はそれのみで家全体の温度管理をしているため、壊れた時の影響が大きく、バックアップシステムが必要となる。スマートエアーズは一階と二階が全く別系統になっており、室内機、室外機がそれぞれ一台ずつある。だからたとえば一階が壊れても二階は動いており、最悪二階に退避できる。スマートエアーズと同じデンソー社製の全館空調パラディアは室内機は一台だが室外機が二台あるのは、故障したときのバックアップ用にも使えるためだそうだ。

5) 加湿機能
 全館空調は特に冬場は乾く。全館空調の中には加湿機能付きのものがあるが、それだけでは十分ではないようで、追加の加湿器が必要になることが多いよう。さらに、加湿機能は一歩間違えればダクト内が結露しカビの原因になる。やはり加湿器は別で用意すべきなのだろう。

6) 部屋ごとの温度/風量調整
 前述のごとく全館空調は全ての部屋が同じ温度になるわけではない。南側の日当たりの良い部屋と北側の日陰の部屋では温度差が生まれるし、一階と二階ではさらに大きな温度差ができる。このため部屋ごとの温度調整ができるのが理想だが、この機能があるのは三菱地所ホームのウエブサイトによれば、H28年11月現在では三菱製エアロテックだけらしい。同じ室内機を利用してどのように部屋ごとの温度調整をするのかサイトの記載だけでは不明で、この仕組みは非常に興味がある。知ってる人がいれば教えて下さい(→コメントいただきました)。ゾーンを分けて風量調整のできる全館空調は三井ホームのスマートブリーズアズビルのきくばりなどいくつかあるが、この機能だけでも便利そうだ。スマートエアーズは一階と二階で別システムなので各階で温度調整はできるが、同一階での部屋ごとの温度や風量調整はできない。ただ、一階はスマートエアーズ、二階は個別エアコンで、という選択肢もあり。

7) コントローラーの予約遠隔操作機能
 全館空調は下手すれば高額の電気代がかかるため、きめ細かな温度設定が必要で、コントローラーのタイマー機能は重要だ。スマートエアーズはおはよう、お出かけ、お帰り、おやすみの一日4回の温度設定が可能となっている。暖房なら朝起きるときは少し温度を上げ、出かけたあとに下げ電気代を節約し、帰宅後にまた上げて寝入ったあとに下げる、というサイクルに用いる。不満点はお休み時刻が午前0時を超えて設定できないことと、電源の入り切り設定ができないことだ。就寝が深夜12時を回るような生活ではおやすみ時刻が早すぎる。24時間稼働させることを念頭に設計されてるため、タイマーで入り切りができない。日中誰もいない時間が長い家庭では、日中稼働は無駄だ。だだし、HEMSを導入すればスマホから遠隔操作ができ、手動だが一応外から入り切りできる。

8) 保守契約、メンテナンス
 全館空調によっては年間保守契約費用がかかるのがあり、結構バカにならない金額と聞く。故障停止すれば影響が大きいので365日24時間の保守サポートは必須だ。スマートエアーズはトヨタホーム本体の保証に含まれているため五年保証で、年間保守費用は無料だ。全館空調は導入実績の多いハウスメーカーを選択すべきと思う。

9) 電気代
 個別エアコンに比べて電気代はかかる。使い方によるが、夏はキンキンに冷やして、冬は薄着でも過ごせるくらいの温度設定にすれば年中快適だけど電気代が心配だ。このため、どうしても控えめ運転にせざるをえず年中一定の温度をキープする訳ではない。全館空調にすると季節の違いが分からなくなるのではと心配する方がいるが、無用だ。全館空調でも夏は暑さを、冬は寒さを感じる。一番の問題は体感温度の違う人が同居するときだ。この場合、冬は寒がりのに人はある程度我慢してもらい、どうしてもと言うときは一時的に床暖房などの補助煖房を併用するのが良いと思う。気密性の高い建物では空気を汚すファンヒーターが使えないので、補助煖房としてオイルヒーターやセラミックヒーターなどを用いることになるが、これらは消費電力が高いので要注意。

 ところで、エアコン界の雄ダイキンは全館空調に力を入れていない。そのかわり一台の室外機に複数の室内機をつなぐマルチエアコンというのがある。これは効率的、経済的に部屋ごとに温度調整ができ、外観もすっきりするので、全館空調を考えてるけどなんだかという方には一考の価値あり。

10) 結論はやっぱり快適だということ
 結論として全館空調は気に入ってます。デメリットよりメリットの方が多い。部屋部屋である程度の温度差はあるけれど、許容範囲内だし、朝起きたときのトイレや、夜の入浴時は快適だ。ぼく自身は補助煖房の必要性は感じない。冬の部屋干しがよく乾くのもうれしい。ただ、いまだに寒がりの家内とは設定温度でもめてます。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年11月10日 (木)

初冬の全館空調と吹抜の乾燥

 新居が完成して初めての冬を迎えた(今年の3月末完成)。全館空調にリビング階段と吹抜がある家に住んでみての感想(乾燥)。

1) リビングは思ったより寒くない

 当家にはリビング東に階段と吹抜がある。リビング階段や吹抜は寒いと聞いていたがいまのところそんな事はない。リビングに階段や吹抜があると、そこを通して暖かい空気が昇るため、一階が寒く二階が暖かい事を想像していたが、むしろ一階の方が暖かい。シーリングファンやサーキュレーターは回していない。リビング中央東側という吹抜位置が正解だったかもしれない。
 Sp4230017

2) トイレは少し寒い

 全館空調といっても、すべての部屋が均一に同じ温度になるわけではない。特にトイレには吹き出し口がないのでひんやりと感じる。けれど寒いというほどではない。二階奥のウオークインクローゼットは寒いと家内が文句を言ってる。一応クローゼット内の天井にはエアコン吹き出し口はついてある。

3) 体感温度の違う人がいる場合はどうしようもない

 家内は寒がりなので、少しでもひやっとするのがいやなようだ。ぼくはむしろ冬場はきーんと寒く張り詰めた空気が好きだ。この感触嗜好の差はどうしようもない。ぼくは設定温度をもう少し低くしてもよいが、家内は二階はもっと上げてほしいようだ。

 設定温度一階
  おはよう6時~お出かけ8時半 21℃
  お出かけ8時半~お帰り19時 18℃
  お帰り19時~お休み23時50分 21℃
  お休み23時50分~おはよう6時 18℃

 設定温度二階
  おはよう6時~お出かけ8時 21℃
  お出かけ8時~お帰り19時 17℃
  お帰り19時~お休み23時50分 21℃
  お休み23時50分~おはよう6時 17℃
 (何度も言うけどお休み時刻を午前0時を超えて設定できるようにしてほしい、日中は電源OFFにする機能がほしい)

4) このため補助暖房器具を導入

 洗面脱衣室にはオイルヒーター。
 Spb100065   
 キッチン足下にはセラミックヒーター。
 Spb100061 
 どちらも電気代がかかりそうで怖い。もう少し空調の設定温度を上げれば全体が暖かくなり補助は不要になるけれど、それより短時間で局所的なら補助暖房の方が経済的と思う。もっとも、こうなることは住む前から予想していたので、それようのコンセントを設けた。私自身は補助煖房の必要性は感じていない。
 全館空調は足下が寒いと聞いていたので、寒がり家内のためにリビングとキッチンには床煖房と浴室にはカワック暖房もいれたが、これらはまだ使ってない。もっと寒くなると動かすことになるのでしょうね。

5) 加湿器は必要

 全館空調は乾く。おかげで部屋干しの洗濯物がよく乾く。特に吹き出し口の上にあるものは数時間でからからになる。当家は三台の加湿器を設置した。一階リビングにはハイパワー(木造30畳まで/プレハブ洋室50畳まで)のダイニチ ハイブリッド式加湿器HD-182。タンクが二個あり、がんがん加湿する。
 Spb100060
 二階寝室にはパナソニックのナノイー付き気化式と、子供部屋には象印のスチーム式。気化式は静かでエコだ。スチーム式は衛生的でハイパワーだが沸騰ノイズが大きく電気代が高い。それぞれ利点欠点があるがどれも期待通りに働いている。
 Spb100056 
 Spb100053 

 設計段階で暖房器具や加湿器の使う場所を前もって想定し、それにあわせてコンセント位置を決めた。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年11月 1日 (火)

ヤシの木の冬支度と加湿器

我が家のシンボルツリーはヤシの木。日に日に寒くなってきた。先日、家に帰るとヤシの木に大きな包帯のような物が巻いてあった。
 Sp1020676

こも巻きという冬支度で寒い地域では全体をすっぽりと覆うようだ。ぼくの住んでる奈良県はそれほど寒くなく、木の幹だけ巻いておけばよいよう。最近は日中はいい天気。
 Sp1020674_2

ところで、昨日入居後はじめて煖房をいれた。全館空調スマートエアーズを煖房に切り替えたわけだ。以前も指摘したが、スマートエアーズのタイマーは温度調整のみでON/OFF機能がない。一日中つけっぱなし運転を想定しているからだ。でも、最近のように日中はいい天気なら、朝晩だけ煖房をいれて、昼間の暖かい間は消すという使い方は理にかなってるとおもう。実際、昨夜と今朝はONにして、昼はOFFにしてる。また、お休みタイマーが午後11時50分以降は設定できない。深夜12時を回っても設定できるよう、タイマー機能の改善を望む。

除湿器を片付けて、加湿器を出してきた。さらに、全館空調は乾燥するというので、現存する家庭用加湿器で最大パワーといわれる、ダイニチHD-182を新たに購入した。でかいっ!冷房時に導入したサーキュレーターはこれからも活躍してくれそう。
 Sp1020680
 

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年10月30日 (日)

ガレージ後ろに屋根設置

当家のビルトインガレージはトンネル型になってるため風がよく通る。

ガレージの裏側には屋根がなく、前面にむかってコンクリートのスロープをつけたため、雨水が流れ込んで床がぬれる件は以前に書いた
 Sp1020502

 Sp1020504

そこで、ガレージの裏側に屋根をつけてもらった。リクシルのスピーネ。屋根を土地の形に合わせることが出来るので、敷地内ほぼぴったしにおさまった。
 Sp1020678_2

これまで雨が降ると、勝手口に置いてあるスリッパに直接雨がかかって冷たかったが、これからは濡れてないことを期待。
 Sp1020679

11/1追記;昨夜は雨だった。朝起きて外に出てみると、残念ながら床は雨で濡れていた。以前よりはマシだけど、端は雨で濡れて雨水が中にたれ込んでいた。ひさしが出てないので仕方ないのだろう。だけど、スリッパが濡れてなかったので良しとしよう。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年9月21日 (水)

玄関すぐLDKで気をつけたこと

 うちの間取りは、これまでにも書いたように、玄関ドアを開けたらすぐLDKがあり、いわゆる玄関スペースがない。この間取りを取り入れるために気をつけたことがいくつかある。

 まず、玄関を道路から奥まった位置に配置して、ドアを開けっ放しにしても外から家の中がのぞかれないようにした。玄関前にあるのは隣家の壁のみだ。東側面にもってきたので、隣の壁は西壁で窓はない。だから出入りするのになんの気遣いもいらない。門柱は一番シンプルなものを道路沿いにつけた
  Sp1020666
 玄関ドアを開けて中から外をみたところ

 ついで、玄関からトイレと浴室が直接見えないようにした。トイレのドアを開けたときにお客さんとばったり目が合うのはやはり避けたい。一部洗面台が見えてしまうけど、このぐらいはよしとしよう。その代わり、玄関正面の壁にニッチを作って絵を飾って、そっちに注目が行くようにした。
   Sp1020669
  逆に玄関ドアから中をみたところ

 実際に住んでみて、LDKから玄関が直接見えても全然気にならない。むしろ家族の出入りが分かって都合がよい。この間取りは正解だったと思う。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年9月17日 (土)

扉の無いガレージは埃をかぶる

 うちのビルトインガレージは、以前にも紹介したようにトンネルのようになっていて前後に扉がない。雨は防げるが風は吹き抜ける。

 Sp1020651

 このガレージに車を停めておくと、思った以上に埃をかぶることがわかった。以前は青空駐車だったので、定期的に雨が降って埃を洗い流していてたけど、雨にうたれることがないので埃は溜まる一方だ。定期的に掃除が必要。

 Sp1020650

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年9月15日 (木)

浴室掃除の穴場はエプロンの裏

 お風呂で体をあらって何気なくバスタブをみると外壁に、「エプロン脱着のしかた」というシールが貼ってあるのに気づいた。
 Sp1020659

 これは、時々エプロンをはずして掃除をしなさいと暗に言ってるようだ。さっそくはずしてみたら、思ったより簡単に取り外しができる。はずしてみると案の定、水垢とカビだらけだったのでお掃除。
 Sp1020664
 Sp1020663

 そんなに面倒でもないので時々掃除しよう。ちなみにうちのバスはパナソニック製のオフローラウエブサイトでは半年に一度のお掃除を推奨してる。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年9月13日 (火)

シンボルのヤシの木が成長再開

 先日報告したシンボルツリーのツインパームス右手くん

 夏の暑い間は成長が止まったままだったけど、台風が来て雨が降って朝夕の気温が下がってきたら、ようやく動きが見られた。

 8月27日の状態 途中で止まったままの新葉
 Sp1020584

 9月11日の状態 成長の止まっていた葉が伸びてきて開いた
 Sp1020653

 枯れてしまうのかと心配していたが、根付いていたようでひと安心。
 Sp1020655

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年9月11日 (日)

秋だ!空調とめてフィルター掃除

我が家のフィルター/換気扇 全部で11+1番勝負

1) 一階の全館空調スマートエアーズ
 階段下に設置されている
 Sp10206461
 フィルターは掃除機で吸ったあと水洗いするのがきもちよい
 Sp1020632

2) 二階の全館空調スマートエアーズ
 天井裏に設置、一階よりきれいだがやはりフィルターは水洗い
 Sp1020626

3) 一階の24時間換気ピュアセントラル24
 洗面脱衣室の天井裏に設置、この部屋だけ天井が低い
 Sp1020648
 フィルターをはずすためのネジが3カ所ある、もうすこし簡単にはずせることを希望
 取り外したフィルター類、左下の虫取りネットは汚れがひどく水洗い
 Sp1020643

4) 二階の24時間換気ピュアセントラル24
 納戸の天井裏に設置、一部天井が低い、一階と同じ機種、夏の暑い間は弱運転だったのであまり汚れはなし
 Sp1020623

5) 一階の熱交換型換気扇
 ほとんど使ってないのできれい
 Sp1020628

6) 二階の熱交換型換気扇
 カバーを開けたところ、夏の間は使ってなかったが、これから再稼働予定
 Sp1020617

7) 一階トイレの換気扇
 フィルターはないのでカバーをはずしてファンをモップで拭く
 Sp1020634

8) 二階トイレの換気扇
 一階と同機種、カバーを開けるとすぐファンがみえる
 Sp1020620

9) お風呂の換気扇
 ほとんど汚れなし
 Sp1020645

10) キッチンの圧差感知式給気口
 掃除機でフィルターを掃除、けっこうきれい
 Sp1020638

11) キッチンのレンジフード
 先日ファンの洗浄をしたので今日はフィルター交換のみ
 Sp1020640_2

追加) 部屋干し用の除湿器のフィルター
 おっと、危うく忘れるとこだった
 Sp1020658

番外) 空調とめて窓を開けると外の心地よい風がはいってくる、いい季節になった
 Sp1020642_2

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2016年9月 6日 (火)

階段を安全にする踊り場

 階段は住まいの中でも事故の起こりやすい危険地帯だ。しかも、起こった時に重症になりやすいため、階段の設計は安全第一にすべきと思う。

 設計の初期は直進階段を考えていたが、間取りの都合でL字型の折れ階段になったことは以前に書いた。いま考えてみるとこれが幸いした。折れ階段になって途中にフラットな踊り場が出来たため、登り降りしやすい安全な階段になった。

 Sp1020615
 (吹き抜けから見おろしたL字型折れ階段)

 フラットな踊り場というのが大切で、回転する部分に段差があり、踏み板の内側と外側の幅に差があると踏みはずしやすく危険な階段だという。さらに、この部分は掃除しにくく埃がたまりやすい。

 実はこの形は住んでから知った。設計の段階では他の事で頭がいっぱいで、階段の踊り場の段差まで考える余裕がなかったので、階段の形は建築士さんにおまかせだった。前回の天井の警報器の位置といい、いい階段を選んでくれた建築士さんに感謝します。

 Kaidankeisiki
 「All about 住宅・不動産 子どもや高齢者に安全な階段のチェックポイント」から引用

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

«寝室天井の火災警報器の位置