« 間に合った引き渡し | トップページ | 外構工事始まる »

2016年3月31日 (木)

トヨタホームのC値とUA値

 先日竣工立会時に測定した気密性能C値の最終結果が出た。また、玄関ドアをK4からK2仕様に変更したので少しだけ断熱性がよくなり、断熱性能UA値も修正された。ここで最終結果を発表!

 相当隙間面積 C値 1.8 cm2/m2

 外皮平均熱貫流率 UA値 0.69 W/m2K

 気密性を示すC値が2.0を切っており、鉄骨造りにしてはよい値であった。断熱性を表すUA値は平成25年の省エネ基準値0.87を下回っており、基準に適応する。トヨタホームの発表ではシンセ・グレートソーラーではUA値0.6以下を実現したとある。ぼくの家では吹き抜け上部に大きな窓をとった事が影響したのかそこまでいい値は出なかった。高気密高断熱をうたっている某工務店に比べれば物足りないかもしれないが、ハウスメーカー全体から見れば十分高性能といえる。全館空調スマートエアーズを導入しても問題ないレベルだ。

 Dscn2814

 きちんと作っていただき、ありがとうございました。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

« 間に合った引き渡し | トップページ | 外構工事始まる »

気密断熱/空調」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トヨタホームのC値とUA値:

« 間に合った引き渡し | トップページ | 外構工事始まる »