« 満足設備;あってよかった物 | トップページ | サーキュレーターの方向 »

2016年8月16日 (火)

冷えない二階の全館空調対策

ぼくの家はトヨタホームの全館空調スマートエアーズを導入した。

家中どこにいても同じ温度で快適という触れ込みだったが、ところがどっこい、住んでみて二階寝室が暑い。夜になっても室温が下がらない。二ヶ月点検時にも報告したが、夏になりさらに室温が高くなり暑くて眠れないほどになった

まずは、家の間取りか構造上の問題と考え、ぼくがとった対策は、

1)部屋のカーテンを閉める
 最も簡単にできるが、元々直射日光が差し込まないのであまり変わりなし。
 Sp1020555

2)24時間換気システムを弱にする + 予備換気扇を切りにする
 冬の寒い時期に冷気が入って部屋の温度が下がらないようにする機能だが、その逆の利用法。熱交換器は付いているものの、入ってくる空気は暑い。変更後は少しはましかという程度。
 Sp1020554

3)シーリングファン稼働
 シーリングファンの効果は冬は高いが夏はそれほどでもないと言われており、その通りだった。 (注2018/4/9訂正;その後の検討で全館空調にはシーリングファンは必要ないと考えました。サーキュレーターも同様に不要でした。)
 Sp1020558

4)サーキュレーター導入x2台
 リビング階段なので、冷気が階段をつたって一階に降りないように、階段の降り口に一台、部屋の入口に一台設置。風が来るので体感温度は下がるが、部屋の温度はほぼ不変。(サーキュレーターの向きに関しては次回に考察
 Sp1020552

これだけやったけどやはり冷えなかったので、トヨタホーム担当に連絡し、お盆休み中というのに空調メーカーのデンソーセールスさんに来て頂き調べてもらった。

その結果、冷媒ガスが不足しているため冷風が出ていないことが判明。吹き出し口の温度はガス充填前は22〜24℃だったのが、ガス充填後には17〜18℃まで低下した。配管を調べたがガス漏れはなかったようで、なぜ新品の装置にガスが足らなかったのかは不明。スマートエアーズは一階と二階が別ユニットで、5kwのエアコンがそれぞれの階に一台ずつある構造になっている。一階吹き出し口からは17℃の風がでていた。二階装置の調子が悪かったのが原因のよう。

その後二晩ほど過ごしたが、以前よりは涼しくなり眠れるようにはなったが、やはり一階に比べると二階の冷えは悪い。

いちおうこちらの要望は伝えた。が、よく考えれば寝室の下は駐車場なので床に穴を開けるのはむりだ。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

« 満足設備;あってよかった物 | トップページ | サーキュレーターの方向 »

気密断熱/空調」カテゴリの記事

保守管理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冷えない二階の全館空調対策:

« 満足設備;あってよかった物 | トップページ | サーキュレーターの方向 »