« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月 2日 (土)

ホームで建てる時の注意その2

前回の「トヨタホームで建てる時の注意1」のつづき、今回はトヨタホームに限らず一般的な建てるときの注意を書きます。

○契約前にトイレとキッチンとバスは見に行こう

 契約後の変更で価格が大きく変わるのはトイレとキッチンとバスルームと洗面台だ。これらはカタログでは詳細が分からないので、契約前にショールームへ見に行こう。思ったより時間がかかるので余裕を持つことをおすすめする。天板の種類や扉の色など迷いだしたらきりがない。そこで、迷ったら少し高めのものを選んでおいて、後から下げるのが気が楽だ。ともかく、最終契約を急がないようにしよう。気に入ったらカタログに載ってない物でも仕入れ可能だが、値段が割高になるのはどのハウスメーカーも同じだ。当家のキッチンはカタログにないタカラを入れた。また、施主支給という方法もあるが、取り付け費用が別途かかりハウスメーカーの保証が受けられないのでどれだけお得かは不明だ。
 P4230029

○タンクレストイレは水道口径に注意

 タンクレストイレはおしゃれだが、流すための水圧を高くする必要があり、住宅に引き込む水道管口径を20mmにしなければならない。立て替えなどで古い土地には13mmが入ってることが多く、もし入れ換えるのなら数十万円かかる。建築費と別に払わなければならず、口径が太くなれば水道の基本料金が上がる場合があるので、僕はエコなタンク付きトイレが好きだ

○お風呂には二連縦滑り出し窓がおすすめ

 お風呂につける窓はなんといっても、二連の縦滑り出し窓がおすすめだ。二連逆向きにつけることによって、風通しをよくするように工夫されており、いい風をお風呂場に運んでくれる。特に春秋の季節は湯船につかりながら季節の風を感じることができ心地よい。開けておくとお風呂場が早く乾いてカビの防止になる。この滑り出し窓はリクシル(旧トステム)製のようだが、人が入れない設計なので、防犯上問題なく一晩中開けっぱなしにできるのがうれしい。
 P4230108

○床は高いものほど肌触りがよい

 床材は基本的に値段が高いほど、木の感触がここちよく、キズに強い。ぱっと見た目だけではわからないが、毎日裸足で歩くとその違いが分かってくる。安い床ほどプラスチックの上を歩いてるようで、靴下をはいていてもつるつるした無機質な感触だ。自然木は使ってるうちに味がでるが、人工木は痛む一方だ。ただ、自然木は水と汚れに弱いので、トイレや脱衣所などシミになりそうなところは人工木かシートフロアがよいだろう。なお、シンセに無垢板の設定はない。

○窓ガラスとシャッターと壁紙

 窓ガラスを防犯ガラスや断熱ガラスにするか、シャッターをつけるか、付けるなら電動か手動かぐらいは契約前に決めておきたい。防犯ガラスやシャッターをつけたから絶対安全と言うわけではなく、この辺は人生観と周囲環境によるだろう。実際、泥棒の侵入原因は鍵のかけ忘れが最も多い。壁紙は変更しても値段にほとんど影響しないので選ぶのはゆっくりでよい。

○コンセントとダウンライトは大体の数を

 コンセントと、ダウンライトは数だけ早めに決めよう。テーブルやタンスなど家具を置く場所が決まらないと、設置位置や高さが決まらないので、最終決定は設計図が煮詰ってからになる。ユニバーサルデザインを考えると、ご高齢でなくてもコンセントは高め、スイッチは低めが使いやすい。
 Faq_q04_img02_0_26524
 (参照;パナソニックウエブサイトよくあるご質問から
 電話やテレビ、パソコン、ルーターを置く場所にあわせて電話線やテレビケーブル、LANの位置も決めなければならないが、これらは引き込み場所と数だけ決めて室内の各位置は後まわしでよい。最近は有線LANより無線Wi-Fiルーターを設置する事が多いが、二階に電波が届かなかったときにため一カ所ぐらい階をまたいで有線LANを引いておこう。そこには電源も忘れずに。

○太陽光発電と屋根とエコキュート

 高気密高断熱を極めた住宅なら、オール電化でエコキュートに太陽光発電になるのだろうけど、トヨタホームのようなゆるゆる住宅ならどっちでもよいという感じ。オール電化は電気とお湯を使う時間帯を気にしなければならない。たっぷりお湯をつかったり、火を使って調理したいならガス併用だ。ただ、太陽光パネルを載せるなら屋根を南向き片流れにして、載せたパネルをすべて南に向けないと発電効率が悪くなる。プランによって屋根の形に制限があり、せっかくパネルを載せても東西に向いていれば十分機能が発揮出来ずもったいない。

○家造りを楽しもう

 入居後4ヶ月目の昨年8月に、「あって良かった物」と「いらなかった物」と、まだ建築中だった昨年1月に「採用した物」と「採用しなかった物」に対する記事を書いてるので参考にして下さい。必要かそうでないかは個人の好みのに寄るところが多い。色々と書いたけれど、家造りは本当に楽しかった。結論として、トヨタホームはしっかり作られて、安心感のある、コストパフォーマンスのよい住宅だと思います。それではみなさん、よ〜く考えていい家を建てましょう。

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

2017年9月 1日 (金)

トヨタで建てる時の注意その1

最近、ネタがなくなってきたので、これまでのまとめとして自身の経験をもとに、「トヨタホームで建てるときの注意」を二回に分けて書きます。

○高気密高断熱ではない

 鉄骨工法のトヨタホームで高気密高断熱をめざしてはいけない。木造パネル工法や2x4工法住宅と比較しても勝ち目はない。かといって低気密低断熱ではなく、ハウスメーカーの中では中ぐらい。たとえば、公園のベンチを想像してみよう。鉄でできたものと木でできたものと、どちらが快適に座ってられるか、ちょっと考えれば分かると思う。そもそも、鉄と木の断熱性を比較することが間違ってるのです。
 P4230017

○スイッチの気密化が必要

 トヨタホームのシンセで使用してるグラスウール断熱剤は、空気の流れを作らなければならないため、壁の中は外気が通っており、それがスイッチやコンセントのすき間を通して室内にはいってくる。この必然的な構造のため外壁につけたスイッチやコンセントには気密カバーをつける必要がある。これはグラスウール系断熱剤特有の問題で、発泡系断熱剤を使っているなら問題は少ないようだ。気密カバーはまだ標準装備でないようで、ついてるか確認しよう。

 Ie05_img11
 参照:トヨタホーム

 Imginfo10
 パナソニック製防気カバー

○大開口は断熱性を下げる

 鉄骨系住宅の特徴として大きな開口部というのがあり、トヨタホームもそれをアピールしている。しかしガラスの断熱性は、壁と比べればたとえそれがグラスウール断熱であっても大きく劣る。最近リクシルが壁と同程度の断熱性のある5重ガラスを発表したが、トヨタホームの標準窓はペアガラス、つまり2重でしかない。大きな窓をとればその分断熱性は低下する。大開口は開放感があってよいが、断熱性を犠牲にし、特に冬は寒い。
 P4230065

○大空間の全館空調は電気代がかかる

 鉄骨住宅のもう一つの特徴に大空間がとれることがあり、さらに吹き抜けを付けたりすると、広大なスペースを空調するため高性能エアコンが必要となる。こんなときこそ全館空調が有用だが、上記のごとくトヨタホームは高気密高断熱ではないため、それなりの光熱費はかかる。電気代を節約するなら小さく部屋を仕切って窓を小さくし個別空調したほうがよい。なお、全館空調といっても全ての部屋が同じ温度ではない。北側と南側では温度差ができ、トイレやお風呂に空調はない

○ラ・ロックよりもリクシルのタッチキー

 キーレスエントリーは、トヨタホーム純正のラ・ロックよりリクシルのタッチキーがおすすめ。理由は、トヨタホーム独自規格より汎用性があり、リモコンが小さく持ちやすい。また、玄関と勝手口など他の入口と共通キーにすることができ、鍵をいくつも持ち歩かなくてすむ。どちらのキーレスもドアホンと連動することができ、リビングや二階からでも施錠解錠が可能だ。
 一方、キーレス共通のデ・メリットは、リモコンを玄関ドアから2.5m以内に放置厳禁なことだ。その範囲に置いておくと誰でもキーを開けられる状態にあり、恐ろしい。さらに、リモコンを持たずにタッチボタンでドアを開けて外に出てしまうと、自動で施錠してしまい、締め出しをくらってしまう。手動でサムターンを回して解錠した場合は自動で施錠しない。

○窓枠はクロス巻き込みが標準

 トヨタホームの窓枠はクロス巻き込みが標準だ。見た目がすっきりするというが、結露などでクロスがはがれやすく、コストダウン以外の何もでもない。窓枠はやはり四方枠というなら、追加料金がかかるので、早くから予算を組む必要あり。

○サイディングは釘打ち

 トヨタホームの外壁は大きく分けてサイディングとタイルがある。サイディングの厚さは16mmと20mmがあるが両者とも釘打ちだ。つまり、よーく見ると釘を打ったあとがわかる。20mm厚には金具留めを採用しているハウスメーカーが多いが、工場でつくるトヨタなのに釘打ちしかないのが残念なところ。気密断熱性能に16mmと20mmで差はないようで、20mmを選ぶ理由は見た目ぐらいだ。かといってタイルもぱっとしない。

○クレーン車が入れないところに建てられない

 トヨタホームの特徴は、工期が短い工場生産ユニット工法だ。工場でユニットを作って、トラックで現場に運び、クレーン車で積んでいく工法である。このためトラックやクレーン車が入れない細い道しか通じてない土地には建てられない。とくにクレーン車がでかい。家の前の道が広くても、そこまでに至る道路が狭かったり、曲がる角度が急だと車が入れないのでだめだ。建てる前に担当者に一度土地を見てもらおう。ただ、宣伝にあるように工場で作るから品質が担保できる、とは限らないと僕は思う。工場でも作るのは人間だし、現場での職人さんの作業はより大切だ。何をもって工場で作る割合を85%と計算したのか、その根拠が不明だし。

その2へつづく

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »