« 2年点検と10年保証 | トップページ | 5年点検 »

2019年11月 4日 (月)

次に家を建てるなら、災害に強い家を建てたい

久しぶりのブログ更新です。

今の家に住んで3年半、色々と思うことが出てきたので書き留めます。

今の家には概ね満足していますが、こうすりゃよかったという点です。

 

その1)土地を買う前にはハザードマップを調べる

今年はいくつかの大きな台風が日本に襲いかかったことは、記憶に新しいことでしょう。洪水など被害があった地域は県や市町村が作成しているハザードマップにほぼ一致していたようです。ハザードマップはインターネットで公開されています。ハザードマップポータルサイト

私は最近自分の住む奈良県のホームページをみて、自宅が洪水浸水想定地域にあることをはじめて知りショックをうけました。

今年の台風19号は関東を縦断したため、関東や東北を中心に被害が起きましたが、もしこれが近畿を直撃していたら自宅家も水に浸かっていたかと思うとゾッとしとても他人事ではありません。

家を建てるときは、まずハザードマップを調べ建てる土地が水害や土砂災害の地域でないかを確認すべきです。今後地球全体が温暖化に向かうため、今年やってきたようなスーパー台風が来年以降日本にいつ来てもおかしくない状態となっていきます。そのたびにびくびくするのは辛いですが、すでに建ててしまったので、大切な物は二階に上げたり、棚の下段にあるのは上段にあげたりと対策を考えています。

 

その2)地震に強い家を建てる

災害といえば地震です。南海トラフ巨大地震が起こる確率は今後30年で80%といわれています。私の家の近くにも断層が走っています。https://www3.nhk.or.jp/news/special/saigai/natural-disaster/natural-disaster_03.html

トヨタホームは60年長期保証(いろいろ制限があるけれど)をうたっているので、この期間内に巨大地震がくる可能性大です。このため地震対策は必須です。地震がきてもし家が潰れたら最悪死んでしまうかもしれず、一番大切な命を救うために、家を建てるときの優先順位の第一位は耐震強度でしょう。

この点トヨタホームで良かったと思ってます。なにせ一番のウリが鉄骨ラーメン構造で耐震性能が高い事ですから。ただし、欠点は揺れることです。特にラーメン構造の長軸に沿っては揺れます。これは揺れを吸収するに仕方がないことです。高層ビルや鉄橋なども揺れるように設計されています。揺れを抑える免震ダンパーT4というのもありますが、ほぼつけている家はありません(過去ブログ参照)。

このため、重たいものは上に置かないとか、家具には転倒防止器具をつけるなどが必要です。とくに寝床の枕元には飛んでくるものは絶対置かないようにしましょう。頭の上に写真や絵の額を飾るなんて大変危険です。枕元照明は割れないものをつけましょう。

 

その3)大開口の窓は災害と断熱で不利

トヨタホームは鉄骨構造なので大開口の窓がつけられることが特徴ですが、これは災害と断熱性能で不利になります。最近の台風では瓦が飛んで来ます。いくら防犯ガラスでも瓦が飛んで来たらひとたまりもありません。私は二階に大開口の窓を沢山つけましたがこれは正直失敗したと反省しています秒速50秒の風速ではスリッパですらガラスを突き破るとの実験結果があります。大きい窓にはシャッターが必須でしょう。ただ、はめごろしの窓や滑り出し窓には通常シャッターはつきません。特に大開口のはめごろしは考えものです。

 P4230065

断熱性能もいくらガス封入の二重窓といっても壁の断熱には大きく劣ります。ただでさえ気密断熱性に問題のある鉄骨構造なので大開口窓はさらに断熱性を落とします。特に冬場の寒さはたまりません。我が家は全館空調を取り入れましたが冬場の電気代は恐ろしいことになっています。全館空調だけでは役不足で、リビングには床暖を脱衣所やキッチンにはセラミックヒーターをいれています。

大開口が取れるといって、特に二階に大きな窓を沢山つけるのは考えものです。もしもつけるならシャッターもつけるか、はめ殺しの大きな窓にはトリプルガラスが良いと思います。私が建てた2016年当時は三重ガラスの設定はなかったけど、今は窓の条件によってはあるみたいですよ(トヨタホームの広報より)。きっと要望が多かったのでしょうね。

 

 にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 トヨタホームへ
 にほんブログ村

« 2年点検と10年保証 | トップページ | 5年点検 »

住み心地」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。